破産宣告デメリットについて知りたい!※債務整理・主婦編

破産宣告とは、裁判所に対し自己破産の申立てを行い、裁判所が破産の許可を下した事を意味しています。
そのため、破産宣告とは裁判所が申立てを受け取ることで自己破産の手続きが開始されることであり、自己破産の申立てを許可したと同時に、債務者の状況を把握し、すぐに破産を確定させる場合と、破産管財人が選ばれ破産手続きを行う場合の2通りがあるのです。

債務者には財産と言うものが有ります。
しかし、この財産には換価の価値が無いと裁判所が判断を下した場合、破産管財人が選ばれることなく、免責が確定する同時廃止となるのが特徴です。

債務者が所有している財産は、債権者に分配されるものであり、住宅などを所有している場合にはそれを処分して債権者に分配されることになるわけです。
この場合は、破産管財人が選ばれることになるのですが、破産管財人と言うのは裁判所の中に所属する弁護士などであり、債務者の所有している財産を調査したり、管理ならびに換価の価値を見出すなどを行う役割を持っているのです。

この事からも破産宣告とは、すぐに免責が確定する方法と、財産などを処分し終えた後に免責が確定する2通りが有ると言う事なのです。

尚、自己破産をする事で職業の制限が設けられている事、市区町村の役場などにある破産者名簿に記載されると言ったデメリットが有りますが、これらは自己破産の申立てを行い、免責が下されるまでの一定期間であり、免責が下されることで職業の制限は解除され、破産者名簿の情報も消滅する事になるのです。

よく一緒に読まれている債務整理の記事


必読!知らないとまずい債務整理デメリット


【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル


自分は債務整理できる?条件をチェックする


フツーの弁護士はNG?闇金解決法を見てみる


債務整理手続きの流れ※無料相談受付もあり!


職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ方法