破産宣告・官報の事※主婦の自己破産について

5000万円以上も無担保債務が膨らみ個人再生もできなくなった。失業や経営していた会社が倒産して家計や債務返済のやりくりが全くできなくなってしまった。そういった「お金」にかんする手詰まりが生じたとき、破産宣告つまり自己破産の手続きを開始します。
さすがに破産宣告しますと、人生におけるメリットよりもデメリットのほうが格段に多くなってしまいますが、破産宣告後の生活における影響とは、おおよそ次のとおりです。
まず、プラスとは言いきれないものの今後の生活を多少は楽にする影響について。これまでの債務つまり借金は、全ての支払い義務が免除されるだけでなく、手続きが開始されると債権者は給与の差し押さえ等の強制執行ができなくなります。また、初年度登録から5年以上経過した普通車や7年以上経過した軽自動車は価値がないものと見なされるので、当座の生活の足は確保できます。また、銀行預金も20万以下までなら手もとに残ります。
いっぽう、マイナス面についてあげてみますと、言うまでもなくブラックリストに入るため7年から10年の間は一切の借入ができません。住所氏名も官報に掲載されるだけでなく、債務にかんする免責決定を受けるまでは、破産宣告後に就ける職業が制限されます。さらには自己破産の場合が保証人が返済義務を負うため、破産宣告後の人間関係に大きな影響をおよぼしてしまいます。
ただし、自己破産が原因で会社をクビになることはありませんし、公務員であっても自己破産が原因で懲戒解雇になるということもありません。

よく一緒に読まれている債務整理の記事


必読!知らないとまずい債務整理デメリット


【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル


自分は債務整理できる?条件をチェックする


フツーの弁護士はNG?闇金解決法を見てみる


債務整理手続きの流れ※無料相談受付もあり!


職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ方法