自己破産方法・車ローン・住宅ローンについて※債務整理のメリット・デメリット

借金が払えなくなってしまった場合は債務整理で対応していくことがありますが、特に困窮している場合に選ばれるのが自己破産です。
自己破産の手続きを行うと、免責がおりればすべての借金が免除され、支払いの義務はなくなります。
借金がなくなることは大きなメリットですが、やはりデメリットはありますので、そのデメリットについても理解しておきましょう。

まず、自己破産を行うと、借金を払わなくて良いかわりに価値のある財産を失うこととなります。
そして、現在車ローンを支払っている方の場合はその車ローンが今後どうなるのか、自動車がどうなるのかは気になるのではないでしょうか。

まず、自動車ローンが残っていない場合であれば、その車の時価が20万円以上となると、その車は処分されてしまうこととなります。
そして、ローンが残っている場合は原則してその車はローン会社に引き上げられることとなります。
どうしても車がないと生活に困ると言う場合もありますが、自己破産をした場合は一部の債権者だけに返済することは禁じられていますので、他の借金を放棄して車ローンだけ払うというわけにはいきません。
自動車を残して起きたい場合は債権者の同意があれば、本人以外の第三者がローンの支払いを行うことで車を維持することはできます。

車ローンなどが残っている場合に自己破産を行う場合は、まずは弁護士などに相談し、その後の支払いや車がどうなるのかについてもよく確認しておきましょう。

よく一緒に読まれている債務整理の記事


必読!知らないとまずい債務整理デメリット


【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル


自分は債務整理できる?条件をチェックする


フツーの弁護士はNG?闇金解決法を見てみる


債務整理手続きの流れ※無料相談受付もあり!


職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ方法