自己破産後にクレジットカードはつくれる?

債務整理をすると、しばらくの間はクレジットカードを作ることができなくなります。
これは、債務整理をすると金融機関のブラックリストに登録されてしまうためです。
ブラックリストは金融機関の間で共有されていますから、一度でも何らかの金融機関に対して債務整理をしてしまえば、あらゆる金融機関でクレジットカードを作ることができなくなります。

 

もちろん、債務整理をする前に使っていたクレジットカードも債務整理をすれば使えなくなりますから、債務整理をするのなら、クレジットカードが使えない生活になることを覚悟しておく必要があります。
クレジットカードを使って毎月の料金の支払いをしている人などは、銀行口座での引落しに支払い方法を変更しておいた方がトラブルを避けられるでしょう。

 

では、ブラックリストから解除されるまでにどのぐらい待つ必要があるのかというと、長くても10年待てば必ず解除されます。
その後は基本的にはどの金融機関でも問題なくクレジットカードを作れるようになります。

 

ただ、ひとつ注意した方がいいことがあって、10年経っても、債務整理をした対象の金融機関でクレジットカードを作ることはかなり難しいです。
これは、金融機関は業界全体のブラックリストだけではなく、自社独自のブラックリストも持っているためです。
この自社独自のブラックリストには保存期限が無いので、どれだけ待っても解除されることはありません。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法