自己破産クレジットカード※夫に内緒の借金の返済方法

自己破産の期間に関してお伝えしていきますが、まずは自己破産の手続きを開始してから終了するまでの期間は、大体3か月から6か月程度となります。

ただしこれは債務状況や依頼している弁護士によって異なりますので、最短で3か月で、長くなると1年以上かかることもあります。

そして平均すると3か月から6か月程度となるわけです。自己破産をするには、まず破産手続開始の決定が下りてから、次に免責許可の決定を受けなくてはなりません。

この破産手続開始の決定が下りるまでの期間が、1カ月から2カ月程度かかります。例外もあり東京地方裁判所などでは自己破産申立てを行った、その日に弁護士や裁判官と面接をして、債務者が支払不能と判断が下れば、即日で破産手続開始の決定が下る場合もあります。

これが自己破産を開始してから終了するまでにかかる期間ですが、次に自己破産をした場合にはクレジットカードを作ったりローンを組んだりすることができなくなります。

この理由は自己破産をした場合には、そのことが信用情報機関に事故情報として登録されます。これを全国の銀行や消費者金融が見ていますので、事故情報として登録がされている場合には、クレジットカードを作ったりローンを組む、または消費者金融を利用することが一切できなくなります。

この事故情報として登録されている期間は7年から10年となっています。また一度事故情報として登録がされてた場合には、如何なることをしても削除することは出来ません。

よく一緒に読まれている債務整理の記事


必読!知らないとまずい債務整理デメリット


【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル


自分は債務整理できる?条件をチェックする


フツーの弁護士はNG?闇金解決法を見てみる


債務整理手続きの流れ※無料相談受付もあり!


職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ方法