自己破産が出来ない場合とは?−破産を考えているなら−

自己破産が出来ないケースとは、借金を抱えているものの自己破産をするまでではない場合や
多額の借金は抱えているものの、多くの財産も所有しておりそれらを処分する事で
債務を大幅に減らすことが出来る場合などです。

債務者が自己破産を行なう事で、債権者には不利益が生じます。

どんな申立てでも認めてしまっていたら、債権者には不利益しか残らず
消費者金融や、クレジットカード会社、銀行などは成り立たなくなってしまいますし
不正も、し放題になってしまいます。

そういった事を防ぐ為に、債務状況や資産状況の確認が厳しく行なわれるのです。

債務だけでなく、資産も多い場合はそれらを処分すれば良いだけですから
自己破産を行うという事は、諦める必要があります。

自己破産を行う前に、所有している財産の名義変更などを行った場合
不正行為にあたりますから、破産手続き開始決定を受けられないだけでなく、新たな問題に発展しかねません。

それほど借金が多くない場合でも、借金を清算しない事には生活していく事が出来ない方もいます。

免責許可を認めてもらうことが出来るかどうか不安と言う場合は
弁護士に相談をして、対処法を提案してもらうのがベストです。

弁護士は数多くの破産案件を取扱っていますから、自己破産希望者の希望する通りに
手続きを進めてくれるのです。

よく一緒に読まれている債務整理の記事


必読!知らないとまずい債務整理デメリット


【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル


自分は債務整理できる?条件をチェックする


フツーの弁護士はNG?闇金解決法を見てみる


債務整理手続きの流れ※無料相談受付もあり!


職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ方法