自己破産後の生活におけるデメリット〜調べてみた!〜

自己破産は、自分自身の借金を全てなくすことが出来ますが、メリットだけではなくて多くのデメリットがあります。

 

まずは、自己破産をすることによってローンを組むことが出来なくなってしまいます。
これは、信用情報機関に情報が記載されてしまうので、金融機関はそれを見ていますのでローンを組むことが出来なくなってしまいます。
同じ理由でクレジットカードの所有も難しくなります。
クレジットカードの会社も、信用情報機関の情報を見てますので、所有が難しくなることになります。
しかし、5年から10年程で情報はなくなりますので、その後はローンを組めたりクレジットカードの所有も審査が通る場合もあります。
財産を失ってしまうこともデメリットです。

 

自己破産では、当然ですがお金に換えることが出来る財産については、現金化して債権者に配当されることになります。
車や住宅といったような財産は、手放す必要があります。
破産者名簿や官報に記載されてしまうこともデメリットです。
官報は、誰でも見ることが出来ますので名前を知られてしまうことになります。
また、職業や資格が制限されてしまうことになります。
免責の許可が下りるまでは、いくつかの職業に就くことが出来なくなってしまいますし、資格も制限されてしまいます。
この職業や資格の制限の期間は、約数か月間となっています。

よく一緒に読まれている債務整理の記事


必読!知らないとまずい債務整理デメリット


【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル


自分は債務整理できる?条件をチェックする


フツーの弁護士はNG?闇金解決法を見てみる


債務整理手続きの流れ※無料相談受付もあり!


職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ方法