自己破産の同時廃止が決定された※〜無料相談所選び方〜

自己破産は借金返済が出来なくなった人が、裁判所の許可を得て全ての債務をゼロにすることが出来る債務整理の1つの方法です。
全ての債務がゼロになると言うのは、借金を踏み倒すと言うイメージを持つ人も多いものですが、借金をした理由がギャンブルなどの浪費によるものなどの場合は、自己破産を行う事は出来ないのです。

これは自己破産の申立てを行って、裁判所が調査などを行い原因が明らかにされ、借金の理由が正当なものである場合に限り、免責が下され全ての債務がゼロになると言う事なのです。

尚、自己破産は自由財産以外は全ての財産を処分しなければなりません。
どのような財産が有るのかは裁判所が申立て書や調査書などを見て判断をする事になるわけですが、換価する価値を持つ財産が無い場合には同時廃止と呼ばれる方法で破産手続きが進められていくことになるのです。

一般的に住宅などを所有している場合は、換価の価値を持つ財産で有り、住宅を処分して債権者に分配を行うなどが必要になりますので、破産管財人が選ばれることになります。
しかし、申立てを行った人が所有する財産が無い場合には、この同時廃止が下され免責が確定すると言う流れになるのです。

そのため、自己破産は申立てを行って同時廃止となるのか、それとも破産管財人が選ばれるのかと言う2通りのパターンが有ると言う事なのです。
尚、どちらのパターンでも返済能力と言うものが無い場合に限り、破産の手続きが可能になると言う特徴があります。

よく一緒に読まれている債務整理の記事


必読!知らないとまずい債務整理デメリット


【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル


自分は債務整理できる?条件をチェックする


フツーの弁護士はNG?闇金解決法を見てみる


債務整理手続きの流れ※無料相談受付もあり!


職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ方法