自己破産しても住宅ローン組みたい方※無料相談可能事務所

借金の返済が難しくなると、任意整理などの債務整理で対応していくことが多いですが、債務を圧縮してもまだ返済が難しいと悩まれている方もいらっしゃるものです。

どうしても借金が返せないという場合は自己破産という方法で解決する方法もあります。
自己破産は借金がなくなることで知られている債務整理ですが、裁判所に申し立てを行い、免責許可が下りると自己破産ができ、借金の返済義務はなくなります。

そして、手続きにはメリットばかりではないので、その性質をよく理解しておくことも大切です。
借金の中に住宅ローンがある場合は、その住宅ローンがどうなるのかも気になるところです。

住宅ローンがある場合も、自己破産をすれば、その支払いを行わなくてよくなりますが、そのかわり、家も手放すこととなってしまいます。
今後支払いは必要なくなりますが、そのかわり、今まで支払ってきた住宅ローンは無駄となってしまいますので、そのことも理解しておきましょう。

そして、マイホームを守りながら債務整理をしたいという場合は個人再生という方法もあります。
この場合は借金がすべてなくなるというわけではありませんが、債務はかなり減少しますので、支払いもより無理なく行えるようになり、住宅ローンもこれまでと同じように支払っていきますので、家を手放さずに債務整理が行えます。

住宅は大切な財産ですので、債務整理を行う際もメリット、デメリットともに理解し、最適な方法を選んでいきましょう。

よく一緒に読まれている債務整理の記事


必読!知らないとまずい債務整理デメリット


【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル


自分は債務整理できる?条件をチェックする


フツーの弁護士はNG?闇金解決法を見てみる


債務整理手続きの流れ※無料相談受付もあり!


職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ方法