自己破産!免責許可されなければどうなる?※借金を早期解決

自己破産をするデメリットとして考えられるのが、官報に掲載されるということです。官報に掲載されるのは、自己破産を行う人の氏名と住所です。官報とは、政府機関が発行しているもので、行政機関の休日を除いて毎日発行されています。とは言え、一般の方で定期購読しているような人はまずいませんし、コンビニや駅で売っているわけでもありません。
官報は、よほど大きな書店か政府刊行物の売り場で売られていて、あるいは大きな図書館などでは今までの分を閲覧することもできます。また30日以内に発行された官報についてはインターネットで見ることもできます。また、毎日膨大な量が掲載されており、破産関係だけでも相当な量が掲載されます。また、字も非常に小さく、どこに何が書いてあるかを見つけるだけでも一苦労します。余程のことがない限り、官報に乗っていることを知られてしまうことはないと考えてよいでしょう。
掲載されるタイミングは、まず自己破産手続きの開始決定時に最初に掲載され、次に免責決定した後にの計2回掲載されます。前述のように、よほどのことがない限り人に知られる心配はありませんし、定期的にチェックしている人もほとんどいません。ただし、悪意を持って定期的に官報をチェックしている人たちがいます。ヤミ金融業者たちです。自己破産をすると、一気にヤミ金融業者からのDMが増えるケースがありますが、悪徳業者からの悪魔の誘いですからくれぐれも注意が必要です。

よく一緒に読まれている債務整理の記事


必読!知らないとまずい債務整理デメリット


【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル


自分は債務整理できる?条件をチェックする


フツーの弁護士はNG?闇金解決法を見てみる


債務整理手続きの流れ※無料相談受付もあり!


職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ方法