自己破産後に年金はもらえる?※自己破産の噂〜ウソ・ホント〜

債務整理をすると、年金が今まで通り、きちんと受け取れるか心配になる人も多いようです。
特に自己破産をする事になれば、換価できる資産や不動産は殆ど手放さないといけなくなるのは周知の通りです。
しかし年金は国民の納税義務という事もあり、資産としては認められていないので、年金は通常通りに受け取る事ができます。
自己破産したからと言って、借金が帳消しになっても、年金保険料の免除だけは認められていませんから、支払いに困っている場合は市町村の役場で減額や減免の申請を行うのがベストです。
債務整理する事で今後もらえる年金額に支障が出てくるかというと、特にありません。
しかし、年金の受け取り口座がお金を借り入れていた金融機関であれば、引き出せなくなるので注意は必要です。
債権者である自社の預金口座に振り込まれたお金を、返済金として充てるのは違法な事ではないので、ほぼ振り込まれた年金は戻って来ないと覚悟しておく事です。
ですから、破産手続きを正式に申し立てる前に、手持ちの預金口座はきちんとチェックしておくのを忘れてはいけません。
もし、年金の受け取り口座が債務を抱えている先の口座なら、早急に他行の口座に変更しておくのがお勧めです。

よく一緒に読まれている債務整理の記事


必読!知らないとまずい債務整理デメリット


【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル


自分は債務整理できる?条件をチェックする


フツーの弁護士はNG?闇金解決法を見てみる


債務整理手続きの流れ※無料相談受付もあり!


職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ方法