自己破産でお悩みの方!相談できる法律事務所まとめ!!

自己破産はどのような場合でもできるわけではありません。
出来ない場合とはどの場合なのでしょうか。
まず支払い能力があるとみなされますと自己破産できないことがあります。
これは給料と支出のバランスによって決められます。例えば給料が非常に多く出費もそれほど多くない場合には自己破産をしなくても返済ができるために自己破産できないのです。
あと支出の多くが贅沢の場合にもできません。
その他にもできない事例としては借金を作った理由がギャンブルや浪費の場合もそれに入ります。
他には最初から自己破産をすることを目的に借金を重ねた場合にもできないのです。
もしもこの場合でも認められてしまいますと自己破産をする人が多くなってしまうために金融業界は生き残れなくなってしまいます。破産を前提とした借り入れなのかどうかは裁判所の判断によりますので実際のとこは基準がこうと決まっているわけではありませんが、返済を一度もせずに自己破産となりますとできない可能性が高くなるのです。
大体の場合はできるのですが、もしもできない場合には法律家に相談してみてください。
そうすればスムーズに破産できる可能性があります。
自分でも破産の手続きができないこともありませんが、手続きの仕方によってできなくなることもあるのです。
自分が破産不可能な理由に該当していないかどうかをまず確かめることが大事です。
もしもできなければ他の理由で借金を解決するしかありません。

よく一緒に読まれている債務整理の記事


必読!知らないとまずい債務整理デメリット


【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル


自分は債務整理できる?条件をチェックする


フツーの弁護士はNG?闇金解決法を見てみる


債務整理手続きの流れ※無料相談受付もあり!


職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ方法