借り入れ拒否…どうしたらいい?−賢く借金解決−

お金を借りる時に、人はみんな絶対に返せるはずと思い、
お金を借りるわけですが、この意思とは裏腹に、状況が変わってしまい、
返せるはずだった借金が、どうにもこうにも返せなくなってしまった。

 

このような意思に反する、最悪な結果となってしまった場合、
お金を用意することができないからといって、このまま放っておくわけにはいきません。

 

対処する方法として、債務整理という選択肢が挙げられます。

 

債務整理という言葉があります。この内訳には、

 

「自己破産」すべての借金を支払う義務が免除される。
「個人再生」財産をすべて失わずに一部を残すことができ、一定の借金を減らすことができる。
「過払い金返還」払い過ぎた利息の返還請求をおこなうことで、この利息分を手に入れることができる。
「任意整理」借金を減らすことができ、元金を減らすことで3年〜5年内に返済するというもの。

 

 

これらの請求をおこなうにあたって、法律事務所では、無料相談をおこなっています。
自分でこの方法でと決めつけずに、法律の専門家のアドバイスを踏まえながら、選択していくとよいでしょう。

 

債務整理を行うと決めた場合は、それぞれのメリット、デメリットの面をよく理解し、
将来を見極め、いちばん自分に当てはまる方法を選び出すことが、今後の人生のための重要な鍵となりそうです。

よく一緒に読まれている債務整理の記事


必読!知らないとまずい債務整理デメリット


【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル


自分は債務整理できる?条件をチェックする


フツーの弁護士はNG?闇金解決法を見てみる


債務整理手続きの流れ※無料相談受付もあり!


職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ方法