個人再生の保証人デメリット※主婦の借金返済無料相談

個人再生とは、借金を大幅に減額してから、残った金額を3年から5年間で返済していくことで解決する方法です。
住宅資金特別条項を利用すると、住宅ローン付きの自宅を失わずに済みますが、他の借金は大幅に減額されても住宅ローンは原則として減額されません。

個人再生を行ったとき、借金は金額によって減額金額が異なってきます。
借金が100万円未満では、借金金額を全て支払うことになります。
100万円以上から500万円以下では、100万円だけ支払います。
500万円を超えて、1500万円以下では借金の5分の一、借金が1500万円を超えて、3000万円以下では300万円だけ支払います。
借金が3000万円を超えて、5000万円以下がでは借金の10分の一だけを支払います。

この借金では、住宅資金特別条項の利用の住宅ローンと担保権によって返済可能と想定された借金を除いたものです。
ただ、財産を多く持っていてその財産の総額が支払う金額よりも高いときには、財産総額分を3年から5年かけて支払うことになります。
この場合は、財産を失うことはありません。

また、この条件は利用者が多い小規模個人再生の場合です。
借金がギャンブルや浪費などで増えたときでも、個人再生利用出来ます。
保証人が付いている場合は、個人再生による借入の減額は保証人には及びません。
保証人は変わらずに保証した借入について全責任を負っているので、支払いが困難なときには保証にも債務整理をしなければなりません。

よく一緒に読まれている債務整理の記事


必読!知らないとまずい債務整理デメリット


【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル


自分は債務整理できる?条件をチェックする


フツーの弁護士はNG?闇金解決法を見てみる


債務整理手続きの流れ※無料相談受付もあり!


職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ方法

個人再生の保証人デメリット※主婦の借金返済無料相談関連ページ

個人再生後のクレジットカードについて※作れないってホント?
個人再生とその費用について※内緒の借金でお悩み早期解決
個人再生とは裁判所を介して行う法的な手続きですが、刑事裁判や民事裁判のように依頼した弁護人が法廷に立つようなことはなく、所轄の裁判所への書類提出が業務となります。そのため、弁護士のみならず司法書士も個人再生の手続きを行うプロとして活躍しています。 個人再生の手
個人再生について相談をしたいけどどの弁護士がいい?
借金を抱えて現在の収入では返済が難しくなった時、以前であれば自己破産をして借金をゼロにする方法をとられることが多かったのですが、自己破産をすると家や車を手放さなくてはならなくなるなど、非常に厳しい条件となっているのがネックでありました。 自己破産までしなくとも
個人再生とは?※〜内緒の借金を早期解決するために〜
個人再生とは、任意整理や自己破産のように借金の金額が返済能力をはるかに超えてしまい、日常生活が破たんしてしまいかねない状況になったときに借金の一部を免除してもらったり、支払い期間を延長してもらうなどの措置をとることができる制度のことです。個人再生は、自己破産と
個人再生の手続き・流れ※債務整理を賢く選ぶために…
個人再生は、法律を利用して借金を整理する債務整理の一種です。少し複雑な手続きですので、全ての流れを把握して、自分で手続きを行うのが難しい可能性もあります。多くの人は弁護士等の専門家に依頼して、見合った報酬を支払います。 個人再生の大まかな流れとして、弁護士に依
個人再生が不許可!※主婦のための自己破産ガイド
債務の支払いが困難になったさいの最終手段として用いられるのが破産です。個人の場合は自己破産とも呼ばれ、裁判所に申し立て、それが認められれば債務を消すことができます。ただし一定の財産は没収され破産管財人によって精算されて債権者に分配されます。また官報に破産者とし
個人再生と我が家※〜内緒の借金を早期解決しましょう〜
自分ではどうにもならない程高額の借金を背負ってしまっても、3年から5年で減額後の借金を返し終えることができる返済能力が認められれば、個人再生と言う債務整理方法で平和な日常を取り戻すことが可能です。 債務整理と言うと自己破産がすぐに思い浮かぶかも知れませんが、個
公務員が個人再生について※借金返済に追われてる方必見!
消費者金融や銀行などのカードローンを始めとする各種ローンは、契約の際に必ず審査が行われます。審査では、契約しようとしている本人の年齢や職業、年収や信用情報に問題がないか入念に調査されます。金融業者によって審査で重視する点は異なるものの、消費者金融のカードローン
個人再生について司法書士まとめ※無料相談はこちら
多額の借入があり、利息の支払いに追われ債務者から取り立てに追われる日々は辛いものです。 そんな生活を変える手段として、個人再生があります。 この個人再生は、任意整理が出来ないほどの借入がある人に対して有効な手段です。 債務整理には、様々な種類があるので対象にな
個人再生と失敗について※借金自転車操業から抜け出したい!
個人再生は裁判所に申し出て、再生計画を提出し、これが認められれば将来の債務の免除または大幅な減額を受けることができるものです。個人再生の流れとしては裁判所に申立を行い、2ヶ月から3ヶ月ほど収支を付け、これに基いて再生計画案を作り裁判所に提出します。裁判所がその
個人再生と官報について※主婦のための自己破産ガイド
多重債務などによって借金が返済できなくなってしまった人が、法的手続きによって借金を減額したり帳消しにする制度を総称して「債務整理」といいます。債務整理には3種類あり、借金を完全になくしてしまう「自己破産」、裁判所を通じて借金を大幅に減額してもらう「個人再生」、
個人再生の住宅ローン問題※主婦のため無料相談はこちら
住宅ローンなどを組んで、我が家を購入したが、返済が追い付かなくなってしまい、個人再生をしたとしても、今まで通り我が家に住むことができます。 個人再生とは、自己破産などとは違い、返済額を5分の1程度に減らし、3年間で返済していくという財務整理の方法の一つです。
個人再生したら車は?※自己破産のメリット・デメリット
借金の中で、自己破産や民事再生といった法的な債務整理の方法がありますが、このなかで民事再生よく企業などにおける民事再生と区別するために個人再生という言い方をしますが、この個人再生では減額がなされない借金があります。それが住宅ローンです。 この個人再生では、住宅
個人再生の期間について※主婦のための自己破産ガイド
個人再生とは自己破産と財務整理の中間地点ともいえるシステムです。 自己破産のようにすべての借金をなかったことにするが、その代わり家などを差押えされるということでもなく、財務整理のように長期間の支払い計画を立てていくともまた違うシステムです。 個人再生とは、現在
個人再生における養育費問題※主婦が相談するにはどこがいい?
自己破産は、債務の支払いが困難になったことを裁判所に申し立て、債務の一切を免除してもらう救済措置です。ただし、このさいに一定の財産は没収されて、裁判所が選任した破産管財人がこれらを精算し債権者に分配します。また官報に破産者として氏名と住所が掲載されます。 しか
個人再生の流れ・費用・期間について※無料相談はこちら
借金問題を解決できる債務整理には、色々な種類があります。 中でも個人再生はマイホームを持っている方に、メリットが大きい債務整理と言われているのが特徴です。 債務整理の中でも、借金の支払い義務が無くなる自己破産は、借金問題を大きく解消できる債務整理です。 しか
個人再生して減額について※主婦のための債務整理まとめ
借金の返済がかなり厳しくなってくると債務整理も検討されますが、借金をすべてなくしたいという場合は自己破産が有効です。 自己破産を行うとすべての借金の返済義務はなくなりますが、そのかわり一定の財産を失ってしまうというデメリットもあります。 特にマイホームを持って
個人再生の書類と書式※主婦のための徹底自己破産ガイド
個人再生という制度は2001年から始まっている債務整理の手段としては比較的新しい制度です。この制度は自己破産の一歩手前までのケースで役に立つ仕組みになっており、自己破産を何とか避けながら債務整理を行いたいと考える場合にメリットが出てくる選択肢です。この方法によ
個人再生について※流れスケジュール手続き方法について
いま、借金返済が滞ってしまい、なかなか思うように返済できないという方が増えているようです。 この背景には、不況、不景気ということも大きく関係していて、今悩みを抱えている方も多いのです。 さらに、その状態が進まないということになりますと、自己破産という流れにな
個人再生計画案の作成について※債務整理の弁護士へ
個人再生をする場合、手続きの流れとしては、申立て、開始決定、債権と財産の調査、再生計画案の提出、債権者の議決や意見聴取、認可決定、個人再生計画案の確定の順になります。それぞれ、裁判所が決めた期間内に行われることが必要になります。実行できなかった場合は手続きが終