自己破産すると期間はどれくらいかかる?債務整理まとめ

近年では信販会社などのクレジットカードを作ることや、消費者金融業者から融資を受けやすくなっていることもあって、多くの人が貸金業者から借り入れを行った経験があると思います。
金融業者から融資を受けたときには、金利分も加えて支払いをしなければなりませんので、借金の金額が膨らむ傾向があると言えるでしょう。
借金問題に悩んでいる人の中には夜逃げなどをしようと考えている人もいるかも知れませんが、借金が支払えないほどに膨らんだケースにおいては法律的に解決することも可能です。
借金問題を法律的に解決するものには債務整理の方法がありますが、その中の自己破産の方法であれば借金の支払いをすることができない状況を認めてもらうことで、支払いを免除してもらうことができます。
自己破産をすることで借金の帳消しにすることが可能になるわけですが、メリットだけではなくてデメリットもあります。
自己破産を行うデメリットとしては、信用情報機関にブラックリストとして登録されることになりますので、金融業者に対して新規の借り入れの申し込みを行ったり、クレジットカードを作ろうとしたときには審査の過程で返済能力をチェックされることになり、審査を通過できないようになります。
信用情報機関に登録される期間としては10年以内となっており、クレジットカードや金融業者からの借り入れの申し込みを行ったときには、5年から7年ほど審査を通過することができなくなりますので、他の債務整理の手続きを行った場合と比較しても、自己破産を行ったときのほうが登録期間が長くなるものと考えられます。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法