任意整理のメリットについて

債務整理の種類は多く、債務状態によって適した方法は変わってきます。

 

個人再生、自己破産、特定調停といくつかの債務整理の方法があり
これらの方法で手続きを行なう場合は、裁判所を通して手続きを行なう必要があり
裁判所を通さない事には行なえない手続きであると言えます。

 

任意整理は、裁判所を通さなくても行なえる手続きですが
場合によっては、裁判所への提起が必要になる場合もあります。
⇒詳しい任意整理の説明はこちら

 

どの債務整理の方法を選んでも、現状の債務状況よりは
債務や負担が減ります。

 

任意整理で行なえる事と言えば、借金総額に対してこれから発生するであろう利息をカットしてもらえたり
利率を引下げてもらい、利息相当分を減らしてもらう事が出来ます。

 

交渉次第と言えますが、交渉がうまくいき
利息を全てカットしてもらう事が出来た債務者も沢山います。

 

また、過払い金請求も任意整理の1つです。

 

過払い金請求では、払いすぎた利息を返還してもらう事が出来、その返還分を
返済に充てることが出来るのです。

 

過払い金は、債務者全てに発生しているものではありませんし
発生していた場合の金額は、取引年数や取引状況によって異なります。

 

任意整理の1つである過払い金請求を行って
大幅な借金の減額に成功した方も多いのです。

任意整理のデメリット

借金の問題を解決できるのが債務整理ですが、債務整理というと自己破産を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?
自己破産はそれまでの借金をゼロにできるなど、借金の問題を解決するには大きな効果がありますが、一方色々なデメリットも抱えています。

 

自己破産はしたくないけれど借金の返済が苦しい、借金の返済したいけれど利息分だけで手いっぱいだという方に、お勧めなのが任意整理です。
任意整理は司法書士や弁護士が 債権者と任意の話し合いを行い、借金の額を減らしたり月々の支払を少なくする事を、目的とした債務整理となっています。
任意整理は自己破産のように、土地や家などの財産を差し押さえられてしまう事もありませんし、裁判所を通さず弁護士や司法書士が行うので手続きがスピーディー・
そしてギャンブルや浪費などの借金でも、整理できるというメリットが挙げられます。

 

メリットの多い任意整理ですが、はやりデメリットは存在しているので注意しましょう。
まず、任意整理では全ての借金をゼロにする事はできません。
任意整理はあくまでも、借金の圧縮し返済を目指す債務整理です。

 

ですので、どうしても自分で返済できない程の借金がある場合、自己破産の方が向いているでしょう。
また、任意整理した後、5年から7年ほどはローンやカードを作る事はできません。
この点は自己破産も同じですが、任意整理をする時は考慮する事が大切ですね。

よく一緒に読まれている債務整理の記事


必読!知らないとまずい債務整理デメリット


【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル


自分は債務整理できる?条件をチェックする


フツーの弁護士はNG?闇金解決法を見てみる


債務整理手続きの流れ※無料相談受付もあり!


職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ方法

任意整理のメリット・デメリット【主婦のための解説サイト】記事一覧

任意整理した際に大きなマイナス面になる事の1つに、新たに住宅を持ちたくてもローン決済ができないという点があります。これには、銀行などの金融機関がローン審査の時に共有して閲覧する個人信用情報機関の存在に大きく関係します。つまり任意整理したという事は、返済すべき債務を期日通りに返さなかった事実があるので、きちんと信用情報機関の事故情報として記録されるわけです。この事実は、当然お金を貸し出す金融機関にと...

任意整理を行う場合には、その債務について保証人の有無を確認する必要があります。なぜなら、任意整理を含めた債務整理の効果が、保証人には適用されないからです。任意整理はあくまでも本人の返済能力について本人が請求されている借金の返済についての解決を目的とするもので、債権者の請求先については一切の制約の権限はありません。したがって、債権者が返済請求先を変更することについては、契約で認められている限りはその...

総額500万円程の債務を、弁護士へ依頼し任意整理しました。記憶が1部曖昧な部分は有りますが、今から5年程前に、当時お付き合いしていた彼氏(現在の主人ですが)が債務整理をしました。なぜ、このような高額な借金額に膨らんでしまったのかというと、お給料が少ない月に生活費の足しにする事や、欲しい物が有り、手元に現金が無くてもクレジットカードで買い物をしては、返済に困りキャッシングしてしまう事が多々有ったよう...

様々な貸金業者から借り入れを行ったために、返済したくてもできないほどに借金の金額が膨らんでしまうことがあります。個人の力では問題を解決できずにどうすることもできない人も大勢いますが、借金問題については債務整理の手段を使うことで法律的に解決することが可能です。債務整理の方法には自己破産や任意整理などいくつかの方法がありますので、借金問題に苦しんでいる人それぞれの状況に合う形の解決方法を模索することに...

債務整理は大きくわけて任意整理、民事再生、自己破産があります。このほか過払い見直す事で借金を大幅に減らせる可能性のある過払い金請求があります。債務整理の方法によって裁判所での手続きが必要であるものとそうでないものとがありますが、いずれにしても法的な処理の件が絡むので弁護士に案件を一任する必要が生じます。費用は弁護士事務所によって違いますが債権者の数が増えるにしたがって料金も高くなります。債務整理の...

債務整理とは。法律のプロは社会に必要で問題解決を行う存在ですから、困った時の相談相手として幅広く活用されます。法テラスは身近に感じられる仕組みから作られていて、初めて利用する場合にも債務整理で役立つのです。債務整理にはお金に関する決まりを話し合う事が重要ですし、計画的に返済を行い続け完済を達成する事が大切です。悩みを解決するには現実的な手段を知る事が欠かせないので、法テラスに相談する事が選択肢とな...

債務整理にはいくつかの種類があり、方法によっては連帯保証人への影響を避けられない場合もあります。債務整理を任意整理や特定調停で行う場合には、連帯保証人付きの債務を外して整理することができるため、影響を避けられます。どうしても保証人のいる債務を整理しなければならない場合、連名で手続きを行うことで整理が終わるまで保証人に対する取立てを回避できます。個人再生や自己破産の場合が問題になります。この2つは特...

債務整理するとその後の影響については、弁護士などが仲介となって作業を行う事となって行く為、弁護士と消費者金融業者でのやりとりとなって行きます。その為取引に際して金利を安くしてもらう事となりますが、債務整理するとやはりキッチリと返済を行う事が前提となり、給与の支給があった後はすぐに返済の分だけ引かれる事となってしまいます。それは影響と言った事とは違いますが、どうしても生活にゆとりを持った所では厳しい...

近年では消費者金融業者や銀行などから融資を受けるサービスである、カードローンが社会的に定着していると言っても良い状態になっています。それぞれの金融業者において手軽に融資を受けられるサービスが行われていますので、複数の金融業者から借り入れを行うなど借金の金額が大きく膨らむことも考えられます。返済していくことが困難な借金を抱えてしまったときには、法律事務所に相談することで債務整理の手段などを用いて借金...

時代は変わらず不景気の風が吹いており、一向に増えない収入に対して、物価は値上がりする一方で、消費税も上がり、毎月家計を回すのが精一杯という家庭も多いことでしょう。しかしそんな経済状態であっても、思いもよらない支出ができてしまうこともあり、必要に迫られて借金をしてしまった経験を持つ方も少なくはないでしょう。最近は、テレビのコマーシャルや公共機関の吊革広告など、そこかしこに簡単に金策ができるといった情...

任意整理による信用情報の低下というのは一定の期間だけです。一般的に任意整理をすると永久に信用が落ちてしまうので、これからの人生において金融会社からお金を借りることが出来ないと思っている人がいますが、それは間違いです。信用情報は一定の期間を過ぎると今までのようにしっかりと信用を得ることが出来るようになるので、任意整理をしてもいずれはお金を借りることが出来るようになります。また、任意整理をした直後、一...

任意整理とは債務整理の一種で、債権者との直接交渉によって債務の減額の和解案を結ぶ手続きです。具体的には利息制限法に則って引き直し計算を行い、将来の金利をカットして減額された元本を返済していくというもので、手続き中の資格制限や大きな財産の処分が必要となる自己破産と比較して、デメリットの少ない債務整理となっています。ところで利息制限法に則った引き直し計算というと、近年テレビなどでも良く聞かれるのが過払...

任意整理は、公的機関を通すことなく行う債務整理です。返済額や返済期間を無理のない条件に変更してもらうために、債権者と直接交渉を行います。例えば貸金業者のカードローンを任意整理する場合であれば、利息制限法に基づいた引き直し計算を行い、返済額を決定します。そして、その金額を将来利息をカットした上で、3年の期間をかけて完済するというのが基本的な内容です。任意整理を行う事により、返済した金額は全て元本に充...

自身が抱えている返しきれない借金を、弁護士や司法書士などが貸し出し元に対して返済の方法や返済の額についての交渉を行い、満額でなくとも返済が可能となるよう借り入れ側にとって好条件での合意を引き出させることを任意整理と言います。任意整理を行うことで無駄に支払っていた利息などの返金を受けられることもあるため、借金で首が回らなくなっているといった方の場合利用しないと損であるというイメージが強いと言えます。...

任意整理と任意売却、言葉が似ているので混同しやすいのですが、その意味は全く異なります。任意整理とは、借金が膨れて現状の支払い方法では生活が破たんしてしまう、現状では返済を継続する能力がないと思われる場合に、自分自身もしくは弁護士などを代理人として、債権者と直接交渉を行い、毎月の返済を減額して返済を継続する方法です。対して任意売却とは、住宅ローンを含めた借金などで返済が不可能になった場合、自己破産に...

今日の日本社会において、私たちの身のまわりにはお金を借りることのできるサービスが数多く存在しています。多くの人の頭に浮かぶのが、サラ金やクレジットカード、カードローンなどの使い道が自由な金融商品でしょう。これらのキャッシングサービスは比較的利息は高いものの、利用のための審査も比較的ゆるく、借りたお金を自由に使うことができるというメリットがあります。利便性が高いが故に計画的に利用することができずに、...

クレジットカードは普段の生活でも一番使うことが多い金融商品だと言えます。お金を借りるというよりはWEBから買い物をしたり、何かの支払で活用するなど、結構使用頻度が高い金融商品です。このクレジットカードはクレジットとキャッシングの機能がありますが、双方のどちらにおいても借金を返済出来ないなら任意整理から借金を片付けることが可能なので覚えておきましょう。任意整理をすれば過払い金からの相殺で返済を立て直...

債務整理の方法では自己破産は良く知られていますが、借金がなくなるかわりに資格の制限が出たり、価値のある財産を失うなどのデメリットもあります。安定した収入のある方なら任意整理を選んでおくと資格や職業の制限も受けませんし、大切な財産を維持することもできます。そして個人再生や自己破産のように裁判所での手続きがありませんので、よりスムーズな解決が期待できる方法です。まずは任意整理の流れを理解しておきましょ...

任意整理をしますと信用が低下してしまうので、その後は金融会社から融資を受けることが難しくなります。お金を借りるためには必ず金融会社の審査を受けて合格しなければなりませんが、このときに自分の信用が非常に重要となります。任意整理のその後は借金を整理したことで信用が落ちてしまうので審査で信用不足と判断されてしまい、不合格になりやすいことを知っておかなければなりません。任意整理のその後のお金の借り方として...

任意整理にかかる費用は、どこの弁護士事務所、または司法書士事務所に頼むかということと、交渉先が何件あるのかということで決まってきます。というのは、まず任意整理の費用の算出方法は、一般的に一社と交渉するごとにいくらという風になっているからです。なので、一社あたり2万円であれば5社で10万円、もし一社あたり1万円であれば5社で5万円ということになります。なので、多重債務で交渉先が多いという場合は、単価...

任意整理は個人の借金を裁判所の力を借りずに弁護士や司法書士の力を借りて債権者と話し合いによって完済を目差う方法です。任意整理はすべての借金のうち、選択して任意整理を行うことができますが、その分期間がかかることが多いようです。任意整理で重要なのは債権者に金利の再設定や返済期間の延長など譲歩を取り付けることです。そのため、債権者によっては期間がかかることが多いようです。任意整理では債権の返済期間の延長...

過払い請求という言葉を聞いたことがありますか。以前、消費者金融では、法定金利は今と同じ20パーセントと決められていたのですが、それより高い金利でも、29.2パーセントまでであれば、特に罰則規定が設けられていませんでした。このため、多くの消費者金融で、20パーセントを超える金利をつけて融資が行われていました。この金利のことを、定義があいまいなという意味でグレーゾーン金利と呼びます。しかし2006年、...

債務整理には残債務の大きさや収入の額、継続性に応じて様々な方法がありますが、全額返済は無理でもある程度の返済能力はある、という場合に最適な方法が任意整理です。債権者との和解によって残債務を減額してもらい、月々の返済を行っていくという手続きとなる為、全ての借金が無くなる自己破産よりもその効力は弱いですが、その分それに伴うデメリットも少ないので、比較的利用のしやすい債務整理となっています。都合に応じて...

任意整理は、借金の返済が難しくなった人のために用意されている手続きである債務整理の一種で、裁判所等の公的機関を通さずに行うという事が特徴です。債権者と直接交渉を行い、返済額や返済方法を有利な条件に変更してもらいます。まずは、利息制限法に基づいた引き直し計算を行い返済額を決定します。そして、その金額を将来利息をカットして3年かけて完済するというのが任意整理の具体的な内容です。ただし、債権者側は必ずし...

借金の支払いが困難になった時、任意整理という方法があります。これは弁護士や司法書士などの代理人を通じて債権者に借金の減額を求める手続きです。借金総額を減らしたりこの先に支払う予定だった利息分を失くす事で、月々の支払い額を無理なく返済できる範囲にします。ただし利用する際の条件として、必ず返済していくという意志があることと安定した収入があることがあげられます。この手続きを行うメリットとしては、任意整理...