債務整理を賢く選ぶために…

債務整理には4種類あります。
自己破産・個人再生・任意整理・特定調停です。

債務整理の手順

正しい手段を選ぶ

債務整理の手段を選ぶことはとても大切です。
まずは、自分に合った債務整理方法を見つけましょう。

 

おすすめは、無料診断シミュレーターです。
いくつかの質問に答えるだけで手段のアドバイスをくれます。

 

無料診断ツールを試す

 

所要時間もわずか1分程度で、匿名で出来るので試してみましょう。

 

充分な準備をする

準備をする段階で大切なのが知識です、
充分な知識がない、債務整理をうまく進めることができず、余計な時間やコストがかかってきてしまいます。

 

債務整理の手段が決まったら、弁護士に相談することをおすすめします。
弁護士費用が気になる方は、まずは無料相談に行ってみることがオススメです。

 

⇒詳しい債務整理の説明はこちら

よく一緒に読まれている債務整理の記事


必読!知らないとまずい債務整理デメリット


【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル


自分は債務整理できる?条件をチェックする


フツーの弁護士はNG?闇金解決法を見てみる


債務整理手続きの流れ※無料相談受付もあり!


職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ方法

債務整理の種類|賢く選ぶ方法【借金解決サイト】記事一覧

連帯保証人がついている借金の場合、債務整理を行うと、保証人に影響はあります。しかし、債務整理にも色々とあり、その中でも任意整理の場合は、債務者が請求する債権者を選ぶことが出来るため、連帯保証人がいる借金を任意整理の対象から除外するようにすれば、影響はありません。しかし、それが難しい場合もあるはずです。その場合は、連名による任意整理を行うようにします。連帯保証人は債務者本人と同時に、代理依頼をする委...

多重債務に陥り、1ヶ月に何度もくる返済日と、月々の返済額に悩まされるようになってしまったら、そのまま悩み続けるのではなく、弁護士や司法書士に相談をする事がお勧めです。多重債務から抜け出すには、自己破産という言葉がまず浮かぶ人は少なくないでしょう。今ある借金の返済から解放されたい場合、自己破産は有効な手段ですが、家等の財産を手放す必要がある、破産宣告後、生活などに制限がある等、デメリットもある方法で...

社会人になると、学生時代よりも付き合いが増えるので、その分たくさんのお金が必要になります。飲み会や合コン、デート、一人暮らしをしているなら家賃や光熱費、生活費などを払っていると、まだ若くて収入の少ない人の場合は、あっというまに財布のお金がなくなってしまうでしょうね。次の給料日まではまだ遠いというときは、キャッシングやカードローンを利用すると便利ですが、借りる場合は一社か二社程度にしておかないと、あ...

債務整理のためにかかる費用は、どういった手続きをするかによっても大きく異なってきます。一般的に債務整理は自己破産、個人再生、任意整理の三つが主流となっていますが、自己破産の場合には申し立て実費が2万円程度、弁護士や司法書士に依頼するための費用が20〜30万円程度必要です。また、会社の代表者などは管財人がつくこともあり、管財人報酬として別途50〜100万円を超える予納金が必要になることもあります。個...

債務整理の期間について

借金が多額に膨らみ、返済出来る見込みがないと自分で判断したら早めに債務整理に向けて動く事をお勧めします。迷っている内にも利息はどんどんついていきますし、決断が遅ければ遅いほど後悔が残ります。

 

債務整理を行うにあたりまず必要な事は、どの種類の債務整理をするかです。
債務整理にも 自己破産 任意整理などがあります。

 

自己破産だと全ての借金はなくなりますが、10年くらいはまともにお金を借りる事は出来ないでしょう。

 

任意整理の場合は5年から7年と言いますが、実際は時間が経って見ないと分かりません。
借金の問題を解決できる債務整理には、自己破産以外にも種類がある事をご存じでしょうか?

 

自己破産以外には、個人再生や任意整理、特定調停という債務整理の方法があります。
これらの債務整理はそれぞれ効果も違いますし、申請から借金を整理できるまでの期間にも違いがあります。
ですので、債務整理を行う時はその点を考慮して、債務整理の方法を選びましょう。

 

まず、債務整理の中でも一番有名な自己破産ですが、自己破産の場合申請から破産が認められるまでにかかる期間は、
平均して約半年から1年、長い方だと1年半もかかってしまうケースもあるようです。
自己破産は裁判所を通して、破産審尋や免責審尋といった手続きを行わなければいけない為、借金を整理するまでには時間がかかってしまうのです。

 

個人再生も裁判所を通して行う為、借金を整理するまでには9か月から1年の期間は必要になります。

 

一方、任意整理の場合は裁判所を通さず、弁護士や司法書士が債権者と和解交渉を行う為、平均して約3か月から半年と比較的スムーズに進む
債務整理と言えるでしょう。
ただし、債権者との交渉が上手くいかなければ、この期間よりも長引いてしまいます。

 

特定調停は裁判所で行う債務整理ですが、任意整理と同じく3か月から半年ほどで借金を整理できるようです。

 

債務整理の種類|賢く選ぶ方法【主婦のための借金解決サイト】

私の知人はクレジットカードなど信販会社からの借入が主体で借金総額が250万くらいでした。

 

最初は自己破産をすると言ってましたが、弁護士に相談した結果任意整理にしました。

 

また、同じく違う知人は自己破産をしました。借金の総額が400万を超えていたので収入を大きく上回り、返済能力が明らかにないと弁護士も判断したそうです。

 

上記の二つの例を挙げるとどちらもやはり専門家、弁護士に依頼しています。
自分で手続きをする事も確かに出来ます。

 

でもお金は掛からないにしても、多大な時間と労力を費やします。プロに依頼するには確かにお金が掛かりますが、全ての手続きを代行してくれ出廷も代理人として行ってくれます。

 

弁護士事務所や弁護士の方も沢山おられます。お金がないから債務整理をする事も分かっています。成功報酬などの支払いについても分割でどうにかならないかとの相談も含めて
一度無料相談をする事をお勧めします。