債務整理に強い弁護士を探してる方※無料相談で解決

債務整理のためにかかる費用は、どういった手続きをするかによっても大きく異なってきます。一般的に債務整理は自己破産、個人再生、任意整理の三つが主流となっていますが、自己破産の場合には申し立て実費が2万円程度、弁護士や司法書士に依頼するための費用が20~30万円程度必要です。また、会社の代表者などは管財人がつくこともあり、管財人報酬として別途50~100万円を超える予納金が必要になることもあります。
個人再生の場合には、申し立て実費は3万円程度、書類作成は他の債務整理よりも複雑化していますので30~50万円程度かかります。また、再生の場合にも再生委員が選任されることがあり、この場合には報酬として別途数十万円単位から100万円以上の費用が必要になります。
最も費用面の負担が少ないのは任意整理ですが、借り入れをしている金額は利息を引き直して全額返済しなければなりませんので、支払う額だけでみるとこちらが最も高額になります。その代り、専門家に支払う手数料等は比較的安く済みますし、長期的に借入をしている場合などは過払い金が発生したり、大幅な減額になることも多いため、今の状態で返済を続けるよりは利益が出やすいです。これらの手続きの違いやどういった方法がメリットが大きいかは、専門家に個別に相談したほうがわかりやすいです。債務整理の相談は無料で行っているところも多いため、まずは気軽に問い合わせてみましょう。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

債務整理に強い弁護士を探してる方※無料相談で解決関連ページ

債務整理の費用ってどのくらいかかる?※主婦借金
連帯保証人がついている借金の場合、債務整理を行うと、保証人に影響はあります。しかし、債務整理にも色々とあり、その中でも任意整理の場合は、債務者が請求する債権者を選ぶことが出来るため、連帯保証人がいる借金を任意整理の対象から除外するようにすれば、影響はありません
債務整理の無料相談をお探しの方はこちらへ※無料相談
多重債務に陥り、1ヶ月に何度もくる返済日と、月々の返済額に悩まされるようになってしまったら、そのまま悩み続けるのではなく、弁護士や司法書士に相談をする事がお勧めです。 多重債務から抜け出すには、自己破産という言葉がまず浮かぶ人は少なくないでしょう。 今ある借金
債務整理を相談できる法律事務所おすすめのまとめ
社会人になると、学生時代よりも付き合いが増えるので、その分たくさんのお金が必要になります。 飲み会や合コン、デート、一人暮らしをしているなら家賃や光熱費、生活費などを払っていると、まだ若くて収入の少ない人の場合は、あっというまに財布のお金がなくなってしまうでし