自己破産|奨学金の返済義務はどうなるの?※破産の前に

日常生活の中でお金が必要になった時、消費者金融からの融資を受ける人は多いものです。しかし安易に借り入れを続けると、自分の返済能力を超える借金を背負う場合があります。
どうしても返済が困難である場合には、自己破産という手段を取ることができます。こちらは自分が持つ一定の財産を借金返済に充て、さらに残った債務の返済を免除してもらう制度です。
自己破産を考える人の中には、大学進学などの際に奨学金を受け、現在も返済しているケースがあります。この場合、奨学金の返済義務について気になることでしょう。
奨学金はあくまでも借りているお金であり、負債の一部ととらえることができます。ですから、自己破産を申し立てて裁判所に認められたなら、奨学金の返済義務もなくなるのです。
ただし、奨学金の給付を受ける時には保証人や連帯保証人を立てることがほとんどです。たいていは親や親戚など、ごく身近な人に依頼しているはずです。
自己破産をして返済義務が消失するのは本人だけであり、今度は保証人や連帯保証人に残債を支払ってもらわなければなりません。そういう意味では、債務がまだ残るということになります。
万一、保証人や連帯保証人も奨学金の返済ができない場合、こちらも自己破産をしないと返済義務はなくなりません。
奨学金を含む債務を抱えて自己破産するなら、まず保証人や連帯保証人とよく相談することが大切です。

よく一緒に読まれている債務整理の記事


必読!知らないとまずい債務整理デメリット


【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル


自分は債務整理できる?条件をチェックする


フツーの弁護士はNG?闇金解決法を見てみる


債務整理手続きの流れ※無料相談受付もあり!


職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ方法