借金踏み倒しについて※内緒の借金を早期解決!!

借金の取立てから逃れるために夜逃げをして踏み倒すのは危険ですので辞めてください。
夜逃げをすればもう固定電話にかかってくることもない、家まで押しかけられることもないと思われるかもしれませんが、債権者は調査会社を使って債務者の居所をつかむのです。
そして見つかった場合には借金に加えて調査費用も請求されます。債務者を探すための調査費用は非常に高額ですので踏み倒しどころか多額の借金を背負うことになるのでかなり危険なのです。
さらに遅延金利も請求されてしまい、借金の契約も破棄されてしまいます。
契約を破棄されるということは一括で返済することを請求されるのです。
こうなると他の会社から借りても返済しなけければいけません。しかしもうすでに遅延もしてさらに踏み倒しをしようとしようとした人物に誰が貸し付けをしてくれるのでしょうか。
最終的には自己破産しかありません。まず任意整理という方法もありますが踏み倒しをしようとする人間には債権者は認めてくれません。
あと個人再生もなかなか難しくなります。
自己破産ならできなくはありませんが、不誠実な態度により免責は下りない可能性もあるのです。
危険性以外何もありませんので逃げるようなことはしないでください。
少額の場合は逃げても追いかけてこないだろうと思うかもしれませんが、少なくとも今後ブラックリストに掲載されて借りられなくなります。
もちろん債権者の会社からは永久に借りられなくなるのです。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法