借金踏み倒しについて※内緒の借金がある方必読!!!

借金の踏み倒しをする行為はとても危険です。
まず借金の返済をそのまま放置しています取立てされます。まだ一ヶ月以内のうちは電話がかかってくる程度なのですがそれを過ぎても放置していた場合には家まで取立てに来られる場合もあるのです。
家まで来て取り立てをするという行為は法律で制限されているわけではありません。
それでも放置して借金の踏み倒しをした場合には債権者は裁判所に申し立てをして給料の差し押さえをする可能性もあるのです。そうなりますと返済をするまでは給料はもらえなくなり生活できなくなる可能性もあるのです。
最近ではキャッシング業者では激しい取り立てはしないということで踏み倒しが簡単にできると勘違いしている方はいらっしゃいますが、実はとても危険な行為なのです。
また給料を差し押さえされた後きちんと完済をしたとしても遅延したということで今後はしばらくの間はキャッシングからお金を借りられなくなるのです。
お金は借りないのでいいと思う方もいらっしゃるかもしれませんがカードさえも作れなくなります。
生活に支障が出る可能性もあるのです。
危険以外何者でもありませんのでもしもどうしても事情があって返済できなくなってしまった場合には話し合いをするようにしてください。
場合によっては債務整理をするのもいいでしょう。
これで解決できる場合もあります。
踏み倒し行為は社会的にも軽蔑されることで許されることではありません。絶対にしないでください。

よく一緒に読まれている債務整理の記事


必読!知らないとまずい債務整理デメリット


【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル


自分は債務整理できる?条件をチェックする


フツーの弁護士はNG?闇金解決法を見てみる


債務整理手続きの流れ※無料相談受付もあり!


職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ方法