ヤミ金で悩んでいる取立が来ている※個人再生の体験談

借金などの返済が滞り、自分の収入によって弁済することができなくなってしまった場合、自己破産を行うことがあります。自己破産は、手続きが滞りなく進めば借金をゼロにすることができるため、非常に有効な手段となります。しかし、一方では家族に対して影響が懸念される場合もあります。そのため、自己破産によって家族にどのような影響が出てしまうのかをしっかりと把握する必要があります。
自己破産を申し立てた場合、その申し立ての効果は本人にのみ及ぶことになります。そのため、家族に対してその効果が及ぶことはありません。しかし、本人にのみ効果が及ぶとしても、家族への影響が全くないということはありません。借金をゼロにするために、換価できる財産を処分することになるため、本人が所有するそれまで住んでいたマイホームや自動車、バイクなどが全て処分されることになります。そのため、それまでの生活は失われることになります。
また、家族が連帯保証人になっている場合も、影響が及ぶことになります。自己破産を行った本人から取り立てできなければ、連帯保証人に支払いの請求が行われるためです。
さらに、身内に自己破産をした人間がいる場合、家族の申し込んだ融資などを不利に取り扱う金融機関もあるため、注意が必要となります。
このように、自己破産を行う場合、家族への影響が全くないということではないため、しっかりと話し合いを行い、申し立てるかどうかを決定する必要があります。

よく一緒に読まれている債務整理の記事


必読!知らないとまずい債務整理デメリット


【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル


自分は債務整理できる?条件をチェックする


フツーの弁護士はNG?闇金解決法を見てみる


債務整理手続きの流れ※無料相談受付もあり!


職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ方法